中間検査

 

本日、先日上棟させていただきました湖南市柑子袋3号地にて中間検査を受けさせていただきました。

 

中間検査とは??

 
 

中間検査とは

 

 建物が完成してしまうと、外から目視で確認できなくなる箇所があります。

 

 阪神・淡路大震災では、この箇所の施工不備による建物被害が多かったことから、施工途中での検査の重要性が改めて認識されました。

 

これを受けて、安全な建物の実現と質の向上を図るために「中間検査制度」を設けた改正建築基準法が平成11年5月1日から施行されました。

さらに平成19年6月20日施行の建築基準法改正により、新しい中間検査特定工程が定められました。

 

建築物を新築する際の中間工程のことを「特定工程」といい、この特定工程が終了した時点での検査が義務付けられています。

 

なお、中間検査に合格しなければ次の工程に進むことができません。

 

 

それで、第3者機関が構造計算通りに建物が建てられているか、金物がきちんと取り付けられているかなどを丁寧に検査します。

 

建物の内側も外側も厳しく検査しました。

構造上、今のタイミングしか見ることのできない部分です。

 

本日、検査を受け無事に合格を頂きました。

 

様子をご紹介します。