地鎮祭

 

 

ご講読ありがとうございます

 

平昌オリンピックが開幕しましたね~(*^^*)❄

 

韓国にとっては初の冬季五輪となるそうですが、開催地である韓国の平昌(ピョンチャン)は韓国でも寒い地域の一つで冬はロシアから寒気が流れ込むらしく、平均気温は-2℃~-5℃で、平均最低気温は-6℃~-20℃に達し、体感温度はなんと-12℃から-25℃まで下がる可能性があるそうですよ( ゚Д゚)

 

これまでの五輪史上もっとも気温の低い“最も寒い大会”と言われているみたいですが、繰り広げられる選手たちの熱い戦いに世界中が熱くなることでしょうヽ(^o^)丿

 

ぱいてぃん(韓国語で頑張れです)٩( ''ω'' )و

 

 

 

さて、先日当社分譲地 “ル・メイユールヴィレ寺庄Ⅱ” で新築工事の為の地鎮祭を執り行いました

 

 

  

◆地鎮祭◆

 地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います

 

 “じちんさい”と読むほか“とこしづめのまつり”と読むこともあります

 “鎮”の字にはしずめる、落ち着かせるといった意味があります

 工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、お祓いをして浄  め、最初の鍬(くわ)や鋤(すき)を入れ、工事の無事を祈ります

 

 地鎮祭は慣例的には吉日を選んで行われることが多いようで、大安か先勝(または友引)が良いとされています

 

 地鎮祭をするかしないかは個人の自由ですし、時代と共に地鎮祭を行わない傾向になりつつありますが、工事の安全と家の繁栄を祈願するために大切な儀式と思われます

 

一般的にお家を建築されるのは初めての方が大多数です

 

地鎮祭・上棟式など普段聞きなれない工程についてもお聞きください

 

 

 

 

初夏に完成予定です

 

一棟入魂で取り組んでまいります