滋賀県甲賀市 不動産 注文住宅のベストワークス株式会社

BLOG
日誌
【不動産用語】間口について

 

ニット帽 チワワ

 

 

 

 

間口について

 

 

 

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

不動産用語についてのブログですが、今回は「間口(まぐち)」についてです。

 

 

「間口」とは土地(敷地)が道路(公道)に面している側の長さのことを指すのが一般的です。

 

そして、間口の対語で、間口から反対側までの長さ(道路に垂直な方向の長さ)を「奥行き」といいます。

 

道路に接している面が長いほど、“間口が広い”と表現します。

 

角地など2面以上が道路に接している場合は、家屋の正面、玄関のある方が必ずしも間口というわけではなく、

 

道路に接している面が長い方、主要道路に面している面や玄関のある面が間口と見なされます。

 

 

間口を考える際に、一般的な四角の敷地に対し、どのような形状(接道)パターンがあるかを確認しましょう。

 

 

① 1辺が接道 3辺が隣地に接する敷地 

 

大半の住宅はこのケースで、1辺全体が接道していれば問題ありません。敷地が奥まって敷地内通路が接道する

 

ケース(旗竿地)もあります。旗竿地についても後日ブログを更新したいと思っています。

 

 

② 2辺が接道 2辺が隣地に接する敷地

 

角地のケースと敷地を道路に挟まれたケースがあります。

 

 

③ 3辺が接道 1辺が隣地に接する敷地

 

面積の広い敷地においては、3辺が道路というケースもあります。

 

 

「建物の敷地は原則として、幅員4m以上の建築基準法に定められた道路に2m以上接していなければ建物の建築

 

はできません」というルールがあります。これを「接道義務」といいます。

 

住宅建築をする際、建物の階数や居室の配置・住宅設備機器の仕様など建築物自体に意識がいきがちですが、土

 

地(敷地)形状で建築を可能にする配置やデザインが決まってきます。

 

間口が広いか狭いかで間取りも変わり、建物の外観デザインなどにも影響してきます。

 

 

 

不動産については、聞き馴染みのない用語が多く、難しく感じられるかもしれませんが、

 

疑問に思われることはお気軽にご相談ください。

 

 

 

ご来店、お問い合わせをお待ちしております(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

滋賀県 甲賀市 の不動産【新築住宅・デザイン住宅・注文住宅】建築全般のイマジネーションカンパニーです

 

将来設計・デザイン・環境など、すべてのことにご相談ください

 

BESTWORKSはENVIRONMENT×DESIGN×PRICEの三位一体でサービスを提供します

 

ENVIRONMENT(環境)

BESTな住環境を提案します。 お住まいになる住環境が永くに渡り心地よい生活を営んで頂けるよう配慮します。
過去の環境の把握、現在の環境の調査、未来の環境の調査予測のもと、取り組みをしています。

 

DESIGN(設計)

BESTな自由設計によるお住まいの提案をします。
過去、現在、将来のお客様の状況を熟知し、オンリーワンのデザインを提案します。
最善の素材、最新の商品、最良の技術を提案します。

 

PRICE(価格)

BESTな価格を提案します。ただ高価な商品は提案しません。
お客様、お一人お一人に適したご提案をします。

 

ベストワークス株式会社
〒528-0058 滋賀県甲賀市水口町北泉1丁目11番地
TEL:0748-63-7844

ベストワークス株式会社 甲賀スタジオ
〒528-3308 滋賀県甲賀市甲南町野田318番地5
TEL:0748-76-4601

HP:https://best-works.info/
Instagram:https://www.instagram.com/bestworks_co.ltd/

BLOG一覧へ